07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

炎桜/えんおう

脳性麻痺のボッボぼくのタッタ体験的小説ブログです。
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
「灰」
この度、今年の正月にUpした「灰」をJUFEMの兄弟会社のPabooにPDFインポートで縦書きでUpしましたので、どうぞ読んでみてください。



表紙
JUGEMテーマ:小説/詩


鈴木豪 | ノベル | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
「灰2」
JUGEMテーマ:小説/詩

前に戻る
プロローグ2
いくら何でも、今日の主役の一人が来ないなんて事は無いだろうが、社会のマナーとして、ましてや、こういう大事な式典なのだから、せめて、五分くらい前には来ないといけないような気もするのだが.....

そう思っていた時に彼がやって来た。僕は彼が隣の席に座ったら、社会のマナーとかを教えようと思っていた。けど、そんな考えは彼を一目見た時、消えてしまっていた。何故、消えたのか?彼の障害の程度は僕と同じくらいであるのは分る。脳性麻痺独特のよろけそうな動きであるけど、車椅子にも乗っていないし、クラッチという松葉杖みたいなものも使っていないからだ。それにも関わらず、彼に何も言えなくなったのは、彼の雰囲気だった。

僕は、養護学校出身だし、ぽのすも障害者中心の職場なので色々な障害者と会ったりしているが、彼、灰野誠一は、僕が今まで会った障害者のどこにも属していない感じを持っていた。喋った事も無い、しかも、一目見ただけで、そういうものを彼から感じ取ったというのは、明らかに変な事である。その事は正直、僕自身も信じられなかった。

同じ障害者にこんな事を言うのは、もしかたら失礼かも知れないけど、それ
を分かった上で言ってしまうと、彼の雰囲気はまるで、コウモリだった。
明らかにこんな表現を使うのは間違っているかも知れないし、奇妙なような気もする。でも、実際、僕が彼に感じたのはコウモリのようなものだったから仕方がない。

毎日、太陽が沈む頃になると、どこからともなく現われる獣のような、鳥のような、薄気味悪い、あのコウモリだ。彼をこういう風に表現するのは、彼に対する侮辱かも知れないが、僕が彼に感じたものは、コウモリのような、薄気味悪いものだった。
周りの人達は、彼から発しているその薄気味悪い何かを感じ取れないのか、彼を見ても只、僕と同じように接していた。しかし、僕自身としては、彼との扱いを区別して欲しかったような気が、一瞬だけど感じた。でも、すぐにその考えを打ち消した。

何故なら、その考えは、彼に対する差別だったからだ。少しの間だけでも彼を、差別をした事に僕は自分が恥ずかしくなった。
それで、彼が隣に座った時に僕は彼に、イジメっ子が先生に注意をされ、イジメられた子に仕方なく謝るかのように喋りかけた。
「あ、ボッ僕、白井直也って言います、今日は、イッイッ一緒に頑張ろうね」
そう僕が言うと、彼は驚いたように急に僕の顔を見た。しかし、すぐに何事も無かったように、僕よりは少し吃るくらいの感じで僕に言った。
「ああ、そっそうだね」

素っ気無くそう言ってから、携帯をポケットから取り出して、いじり始めた。多分、メール確認だろうと思ったのだが、あまりにもルールから外れているような気がしたので、僕はこう言った。
「メールも、ダッダッ大事だけど、イッイッ今は、授賞式なんだから」
そう言うと、彼はすぐに、うっとうしそうにこう答えた。
「めっめっメールじゃねえよ、ゲームだよ」
ゲーム?ゲームをやっていたのか?最初、僕は母親にでも、メールを送っていたものだとばかり思っていたので、それならば、ある意味仕方ないと感じていたのだが、ゲームと聞いたら声を張り上げて、ゲームなんかしてんじゃねえ、こんな大事な授賞式の日に、と言おうと思った矢先に、マイクを持った司会の温水先生が、黒板の前に立ちこう言った。

「えー、これから、第六回、永年勤続者表彰式を行います」
温水先生のその声に、さっき感じていた彼の不満感が消え、代わりに、緊張感が自分自身に現われて来た。緊張している自分とは正反対に、隣の彼は携帯でゲームこそしていなかったが、リラックスをしているように感じられた。彼は、椅子にゆったりと自分の背を預けていたからだ。僕はといえば、この表彰式を支援している、障害者雇用推進協会という会の会長でもある、ぽのすの社長の挨拶や、僕の町の町長や職安の所長の祝辞も耳に入らなかったくらいに緊張していた。けど、温水先生の受賞者紹介の時に、自分の名前が呼ばれた瞬間に、その緊張は少しは溶けた。だが、自分はそれから、すべき事があったのに、すぐに、そこから動かなかった。やがて、もう一度温水先生の声が聞こえた。

名前を呼ばれて、ハッとした。そうだ、僕は表彰状を貰うんだ。急いで、協会の会長でもある社長が待つ表彰台に向かった。社長は表彰状を僕に手渡した時、小さい声で、だけど、優しくこう言った。
「おめでとう。これからも頑張れな」
そう声を掛けてくれ、嬉しくて、涙が出そうだった。でも、実際は、出なかった、白けてしまったからだ。つまらなそうに表彰状を受け取って、興味無さそうに席に戻るまでの彼、灰野君を見たからだ。何て、つまらなそうにしてるんだろう。
続く
トップ


鈴木豪 | ノベル | comments(2) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
書き下ろし障害者ノベル「灰」
JUGEMテーマ:小説/詩

プロローグ1
◆僕が彼を初めて見たのは、今年の七月に行った永年勤続者表彰式の席上だった。この永年勤続者表彰式というのは、障害者が十年以上、会社に勤続した事を表彰するものだ。
 僕は、養護学校を卒業してすぐに今、勤めている「ぽのす」という、パン製造兼喫茶店に十年間勤めた事が評価されて、表彰される事になった。それを知ったうちの親はすごく喜んでくれて、めでたいからという理由で表彰式に行く直前にわざわざ、母が赤飯を炊いてくれたくらいで、僕自身はそういう事をされて、照れくさかったが、嬉しいと同時に浮かれていた。

そのような浮かれ気分で表彰式の舞台である、僕の母校でもある養護学校にバスで向かった。家の近くの停車場から、僕がバスの中に入ってくると、一番、後ろの席にいた小学生らしい子供、三人が僕の周囲を指差して、馬鹿にしたように笑っていた。

僕は、自分の周囲の何がおかしいんだか分らなかった。そういえば、こんな事はずっと前からあった。今までは特別に何も気にしなかったのだが.....とにかく、僕はそのまま空いている席を見つけて座った。 

停車場から養護学校までは十五分くらいだ。その間、ipodで音楽を聴こうとしたのが、彼らは僕の周囲をまだ笑っていて、何だか分らないけど、その中の一人が耳が痛いのか、耳にヘッドホンを入れるような真似事みたいな事をしていた。それが何だか、痛々しそうであるんだけど、他の二人はそれを心配するどころか、笑っている。
そんな光景があまりにも気持悪くて、ipodから流れて来る音楽が耳に入らなかった。

バスが養護学校に着く頃には、バスに酔った事が無い僕が、気分的に酔ったようになっていた。降りてからバスをチラッと見ると、彼らは僕を見て手を振っていた。

それを見た僕は、原因は分らないけど、より一層の気持悪さを感じて、吐き気がした。それでも、養護学校の玄関に入る頃には、その吐き気はきれいに無くなっていた。
□玄関に入ってすぐに表彰式の受付がやっていた。受付には僕の高校三年の時の担任である温水先生もいた。
彼がここでまだ、先生をやっているとは知らなかった。てっきり、もう転勤したものかと思っていたので、内心すごく驚いて、只、ボッーとしている僕に気付き、先生は肩を優しく叩きながら

「おお、直也!久し振りじゃないか。先生は嬉しいぞ、俺の教え子が表彰されて」
先生にそう言われて、僕は何か言おうとしたけど、嬉しくて何も言えなかった。

本当は色々と言いたい事がたくさんあるのに。それを知ってか知らずか先生は続けて、
「いやあ、俺は、本当に嬉しいぞ、ああ、そうそう、司会も俺だからな」
「アッ、ソッそうなんですか」
「ああ、お前の晴れ舞台をしっかりと見てやるからな」
「アッアッありがとうございます」
「それでな、式が終わったら、色々と話したい事あるし、後で、俺んとこ来い」
「ハッハッハッはい、ワッ分りました」

それから、受付を終えた僕は、表彰式の式場であるニ階の会議室に向かった。
会議室に入ると入り口近くの席で、僕が勤めているぽのすの社長は誰かと喋っていた。何か、喋れなければいけない。そう思って言葉を絞り出すように叫ぶように「アッあの!シャ社長!今日は、ボッボッ僕なんかお招き」
ここまで言ったが、社長は僕の顔を一瞬だけ見て

「あっちだ、あっちに座って、待ってろ、ほら、お前の名前があそこに、大きく書いてあるだろ?」 
そんな風に言われれば、その後は何を言ったらいいか分らず、すぐに社長が指で示した席に着いた。

確かに、自分の名前、白井直也の字が大きく書いてある紙が、窓際の席に貼ってあった。急いで、その席に座ろうとした。ふと、僕の隣の席を見ると、その席にも同じく名前が書かれてあった。『灰野誠一』と。その名前を確認するまではてっきり、僕だけが受賞できるものかと思っていたので、半分は残念に思った。
もう半分は、こんなすごい賞を独り占め出来る事によって、今後、ぽのすで注目を浴びるプレッシャーみたいなものを感じて、余計、働き辛くなるかも知れないとも思っていた。

なので、僕一人が受賞をしなくて良かったと安心した。
しかし、表彰式が始まるまで五分前なのに、まだ、彼は来ていないようだった。

続く
鈴木豪 | ノベル | comments(1) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
赤-34 最終回
前を読む
生きるよ。
その叫び声がすると同時であった。
先程までどしゃ降りの雨が、嘘のように時計が止まるように止んだ。
春人は、香奈に優しく腕をゆっくり回し、こう誓った。
「生きるよ、香奈ちゃんの為に」
ふと、前方を見ると、遠くの山には今まで自分が見た中で
一番、鮮やかで眩しく美しい虹が掛っているのが見えた。
彼は香奈を抱きながら、生きよう。香奈ちゃんの為に。
自分が今、現在愛している女性の為に。
僕は、もう一度、生きよう。そう心の底から誓うのであった。
自分がこれまで築き上げて来た、
絆の象徴のような眩い虹を見上げながら.....           
                                  -了-
今後の予定ですが、仕事がとにかく忙しく今まで日曜に一週間分書き小分けしてUpしてきました。
まぁ体の限界ですので、しばらくブログは休ませていただきます。
小説の前後は目次で読んでください



警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト

警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト




炎桜の紹介←クリック
セブン・エンド・ワイで求める、セブンイレブンで受け取り送料手数料0円です
炎桜プレビュー立ち読みコーナー

押すとボクの励みになります!


トップへ戻る


JUGEMテーマ:小説/詩


鈴木豪 | ノベル | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
赤-33
前を読む
香奈の直感
「春人君が、生きる糧が無いって言うなら、
私、春人君の生きる糧になりたい!」
このままいったら、明らかに春人は自殺をする。そう香奈は直感した。
だから、香奈は自分なりに一生懸命に春人を説得するように、喋り続けた。
「私、その為にいっぱい、いっぱい、努力する」
香奈は持っていた買い物袋と傘を地面に落し、
雨に濡れながら、
ずっと、沈黙したままでいる春人を抱き締めて、力の限り叫んだ。
「だから、だから.....死なないで!」
 
続く

小説の前後は目次で読んでください



警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト

警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト




炎桜の紹介←クリック
セブン・エンド・ワイで求める、セブンイレブンで受け取り送料手数料0円です
炎桜プレビュー立ち読みコーナー

押すとボクの励みになります!


トップへ戻る


JUGEMテーマ:小説/詩


鈴木豪 | ノベル | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
赤-32
前を読む
生きる糧にはならないの?
「対する、ユッユッ『赦す』というのは、
その『罪』が全て、ナッナッ無くなったという事なんだ」
「じゃあ、いいんじゃないの?」
「良くないよ、僕は、ずっと、その『罪』が生きる、
カッカッ糧だったんだ。
でも、その『罪』が無くなるという事は、
イッイッ生きる糧が無くなって、僕は」
死ぬしかないんだ。そう言おうとした刹那、
香奈の唇が春人の唇に合わさった。
春人は呆気に取られて、惚けたように、呟いた
「カッ香奈、ちゃん」
「.....難しい事は分らないけど、
生きる糧が無いなら、私は生きる糧にならないの?」
「.....」
続く

小説の前後は目次で読んでください



警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト

警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト




炎桜の紹介←クリック
セブン・エンド・ワイで求める、セブンイレブンで受け取り送料手数料0円です
炎桜プレビュー立ち読みコーナー

押すとボクの励みになります!


トップへ戻る


JUGEMテーマ:小説/詩


鈴木豪 | ノベル | comments(3) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
赤-31
前を読む
師が言った事
香奈の父親であり、春人の師である島木啓介は
以前、春人にこう言った。
生きるという事は、元々、地獄であるこの世界で、希望を見つけて、
その希望にしがみつく事であると。
だが、春人には真弓を死なせてしまった罪悪感が、
生きる事の全てであった。
啓介のように希望につがみつくのではなく、
その罪悪感にしがみつく事が春人の生きる事の全てであった。
香奈は何も言えないで、只、春人を見つめていた。
続く

小説の前後は目次で読んでください



警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト

警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト




炎桜の紹介←クリック
セブン・エンド・ワイで求める、セブンイレブンで受け取り送料手数料0円です
炎桜プレビュー立ち読みコーナー

押すとボクの励みになります!


トップへ戻る


JUGEMテーマ:小説/詩


鈴木豪 | ノベル | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
赤-30
前を読む
罪というのは生きる事/
「もしかしたら、カッカッ香奈ちゃんには
理解出来ないかも知れないけど、
ボッボッ僕にとってみれば、そう言われる事は、
シッシッ死ねと言ってるようなものなんだ」
案の定、香奈は分らないと言った顔をした。
春人はそれに補足説明をするようにこう言った。
「いい?僕にとって、彼女のツッツッ『罪』というのは生きる事なんだ。
彼女、ソッソッその子は真弓って言うんだけど、
マッマッ真弓を死なせた事の原因の一つとして、
『罪』の認識を持って、クックッ苦しんで生きるというのが
僕の彼女に対する罪滅ぼしだったんだ」
 
続くまた目次に戻ってください

小説の前後は目次で読んでください



警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト

警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト




炎桜の紹介←クリック
セブン・エンド・ワイで求める、セブンイレブンで受け取り送料手数料0円です
炎桜プレビュー立ち読みコーナー

押すとボクの励みになります!


トップへ戻る


JUGEMテーマ:小説/詩


鈴木豪 | ノベル | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
赤-29
前を読む
イヤな事言われたの?
「さっきね、ハッハッ墓参りに行って来たんだよ」
「誰の?」
「ボッボッ僕が最初出した本のモデルの子の」
「.....」
「そこでね、ソッソッその子の、フッフッ双子の妹に会って来たんだ」
「.....その人に何か嫌な事言われたの?」
「内心、その事を期待していた。デッデっでも、違ったんだ、
逆にお礼を言われたんだ。アッアッ姉を救ってくれてありがとうございましたってね」
「だったら」

続く

小説の前後は目次で読んでください



警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト

警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト




炎桜の紹介←クリック
セブン・エンド・ワイで求める、セブンイレブンで受け取り送料手数料0円です
炎桜プレビュー立ち読みコーナー

押すとボクの励みになります!


トップへ戻る


JUGEMテーマ:小説/詩


鈴木豪 | ノベル | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
赤-28
前を読む
風邪、ひいちゃうよ
 急に、雨が止んで、否、止んではいない。
目の前には沢山の雨が降り注いでいる。
いつの間にか自分を守るかのように赤い傘が差されていた。
横を見ると、香奈がいた。
香奈は近くのスーパーに買い物に行った帰りであろうか?
その店の買い物袋を左手に持っていた。香奈は心配するようにこう言った。
「風邪、ひいちゃうよ」
「香奈ちゃん」
「ん?」
「僕さ.....イッイッ生きてていいのかな?」
 唐突にこんな事を言われ、驚いた。
香奈は言葉を選ぶかのように慎重そうに言った。
「.....何かあった?」

続く

小説の前後は目次で読んでください



警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト

警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト




炎桜の紹介←クリック
セブン・エンド・ワイで求める、セブンイレブンで受け取り送料手数料0円です
炎桜プレビュー立ち読みコーナー

押すとボクの励みになります!


トップへ戻る


JUGEMテーマ:小説/詩


鈴木豪 | ノベル | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM