09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

炎桜/えんおう

脳性麻痺のボッボぼくのタッタ体験的小説ブログです。
<< 緑-18 | main | 緑-20 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
緑-19
前を読む
カッカッ可愛いんだね
「何言ってんの?春人君」
声を聞いて分かった。彼女は香奈だという事に。
少し、呆気に取られた春人はこう訊いた。
「何、ナッナッ何かあんの?」
「うん。これから、合コン、ん?何?春人君?ボッーとして」
「エッ、ああ、ちょっと」
正直、驚いた。香奈がここまで綺麗だったという事が。
化粧をすると女性はここまで変わるものなのか?そう思いながら香奈を見つめたまま立っていると、
いつの間にか香奈の後ろに立っていた潤一が叱咤するように言った。
「何、ボケッと立ってんだよ」
「アッああ、何か、アレだよね」
「何?」
「いや、カッカッ香奈ちゃんって結構、カッカッ可愛いんだね」
 
続く

小説の前後は目次で読んでください



警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト

警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト




炎桜の紹介
●「炎桜」をお求めならアマゾンのページ

セブン・エンド・ワイで求める、セブンイレブンで受け取り送料手数料0円です

押すとボクの励みになります!


トップへ戻る


JUGEMテーマ:小説/詩


鈴木豪 | ノベル | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM