08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

炎桜/えんおう

脳性麻痺のボッボぼくのタッタ体験的小説ブログです。
<< 橙-17 | main | 橙-19 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
橙-18
前を読む
出てって!
香奈は済まなそうにそう言う春人に
今まで押し隠していた怒りがうっすらと浮かび上がるのを感じていた。
「ねえ?私より、仕事が、大事なの?」
「ソッソッそんな事」
「そうだよね、私、汚れてるもんね」
汚れている香奈ちゃんを一番、汚れていた時に一緒に寝たのは僕だよ。
そう言いたかった春人であったが、今は黙って香奈の言う事を聞く事にした。
「ねえ、だから、何で、黙ってるの?私と話したくないの?
そうだよね。分かった。もう話さない!
出てって!出てってよ!出てって.....」

続く

小説の前後は目次で読んでください



警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト

警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト




炎桜の紹介←クリック
セブン・エンド・ワイで求める、セブンイレブンで受け取り送料手数料0円です
炎桜プレビュー立ち読みコーナー

押すとボクの励みになります!


トップへ戻る


JUGEMテーマ:小説/詩


鈴木豪 | ノベル | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM