08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

炎桜/えんおう

脳性麻痺のボッボぼくのタッタ体験的小説ブログです。
<< 橙-18 | main | 橙-20 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
橙-19
前を読む

そう言ったきり、顔を両手で覆いベッドに倒れ込むように香奈は座り込んでしまった。
春人は香奈にそう言われても出て行かなかった。
出て行くどころか、隣に座ってうわ言のように出てってと言っている香奈を抱き締めた。
自分を引き剥がそうとしている香奈を春人は強く抱き締めながら
「ゴッごめんね、すぐに来れなくて、でも、ずっと、カッカッ香奈ちゃんの事、心配していたよ」
「.....じゃあ、何で来てくれなかったの?」
「コッコッ怖かったんだ。自分のせいじゃないけど、何だか、ジッジッ自分のせいにされそうで」
「春人君のせいじゃないよ」
「うん、ワッワッ分かってるんだけど。トットッとにかく、ごめんね」
「ううん」
「カッカッ香奈ちゃん?」
「うん?」
続く

小説の前後は目次で読んでください



警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト

警察庁に採用!人気急上昇中のウイルス対策ソフト




炎桜の紹介←クリック
セブン・エンド・ワイで求める、セブンイレブンで受け取り送料手数料0円です
炎桜プレビュー立ち読みコーナー

押すとボクの励みになります!


トップへ戻る


JUGEMテーマ:小説/詩


鈴木豪 | ノベル | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM