11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

炎桜/えんおう

脳性麻痺のボッボぼくのタッタ体験的小説ブログです。
<< 赤-34 最終回 | main | 「灰2」 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
書き下ろし障害者ノベル「灰」
JUGEMテーマ:小説/詩

プロローグ1
◆僕が彼を初めて見たのは、今年の七月に行った永年勤続者表彰式の席上だった。この永年勤続者表彰式というのは、障害者が十年以上、会社に勤続した事を表彰するものだ。
 僕は、養護学校を卒業してすぐに今、勤めている「ぽのす」という、パン製造兼喫茶店に十年間勤めた事が評価されて、表彰される事になった。それを知ったうちの親はすごく喜んでくれて、めでたいからという理由で表彰式に行く直前にわざわざ、母が赤飯を炊いてくれたくらいで、僕自身はそういう事をされて、照れくさかったが、嬉しいと同時に浮かれていた。

そのような浮かれ気分で表彰式の舞台である、僕の母校でもある養護学校にバスで向かった。家の近くの停車場から、僕がバスの中に入ってくると、一番、後ろの席にいた小学生らしい子供、三人が僕の周囲を指差して、馬鹿にしたように笑っていた。

僕は、自分の周囲の何がおかしいんだか分らなかった。そういえば、こんな事はずっと前からあった。今までは特別に何も気にしなかったのだが.....とにかく、僕はそのまま空いている席を見つけて座った。 

停車場から養護学校までは十五分くらいだ。その間、ipodで音楽を聴こうとしたのが、彼らは僕の周囲をまだ笑っていて、何だか分らないけど、その中の一人が耳が痛いのか、耳にヘッドホンを入れるような真似事みたいな事をしていた。それが何だか、痛々しそうであるんだけど、他の二人はそれを心配するどころか、笑っている。
そんな光景があまりにも気持悪くて、ipodから流れて来る音楽が耳に入らなかった。

バスが養護学校に着く頃には、バスに酔った事が無い僕が、気分的に酔ったようになっていた。降りてからバスをチラッと見ると、彼らは僕を見て手を振っていた。

それを見た僕は、原因は分らないけど、より一層の気持悪さを感じて、吐き気がした。それでも、養護学校の玄関に入る頃には、その吐き気はきれいに無くなっていた。
□玄関に入ってすぐに表彰式の受付がやっていた。受付には僕の高校三年の時の担任である温水先生もいた。
彼がここでまだ、先生をやっているとは知らなかった。てっきり、もう転勤したものかと思っていたので、内心すごく驚いて、只、ボッーとしている僕に気付き、先生は肩を優しく叩きながら

「おお、直也!久し振りじゃないか。先生は嬉しいぞ、俺の教え子が表彰されて」
先生にそう言われて、僕は何か言おうとしたけど、嬉しくて何も言えなかった。

本当は色々と言いたい事がたくさんあるのに。それを知ってか知らずか先生は続けて、
「いやあ、俺は、本当に嬉しいぞ、ああ、そうそう、司会も俺だからな」
「アッ、ソッそうなんですか」
「ああ、お前の晴れ舞台をしっかりと見てやるからな」
「アッアッありがとうございます」
「それでな、式が終わったら、色々と話したい事あるし、後で、俺んとこ来い」
「ハッハッハッはい、ワッ分りました」

それから、受付を終えた僕は、表彰式の式場であるニ階の会議室に向かった。
会議室に入ると入り口近くの席で、僕が勤めているぽのすの社長は誰かと喋っていた。何か、喋れなければいけない。そう思って言葉を絞り出すように叫ぶように「アッあの!シャ社長!今日は、ボッボッ僕なんかお招き」
ここまで言ったが、社長は僕の顔を一瞬だけ見て

「あっちだ、あっちに座って、待ってろ、ほら、お前の名前があそこに、大きく書いてあるだろ?」 
そんな風に言われれば、その後は何を言ったらいいか分らず、すぐに社長が指で示した席に着いた。

確かに、自分の名前、白井直也の字が大きく書いてある紙が、窓際の席に貼ってあった。急いで、その席に座ろうとした。ふと、僕の隣の席を見ると、その席にも同じく名前が書かれてあった。『灰野誠一』と。その名前を確認するまではてっきり、僕だけが受賞できるものかと思っていたので、半分は残念に思った。
もう半分は、こんなすごい賞を独り占め出来る事によって、今後、ぽのすで注目を浴びるプレッシャーみたいなものを感じて、余計、働き辛くなるかも知れないとも思っていた。

なので、僕一人が受賞をしなくて良かったと安心した。
しかし、表彰式が始まるまで五分前なのに、まだ、彼は来ていないようだった。

続く
鈴木豪 | ノベル | comments(1) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
パソコンが欲しいけれどお金が…とお嘆きのあなた。
有名メーカーのパソコンがたった100円から!!
インターネットの契約もできて一石二鳥。

まずは気軽にアクセスしてみてください!!

メーリングリストに登録すれば、パソコンプレゼントのチャンスもあります。
| 100円エコPCマーケット | 2011/07/29 10:44 PM |
コメントする









COMMENT BOTTOM