11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

炎桜/えんおう

脳性麻痺のボッボぼくのタッタ体験的小説ブログです。
<< 待つ男 | main | もうすぐ返済 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
少年犯罪について
今日は日曜なので小説の方はお休みし変わりにボクエッセイをお届けします。

色々な少年犯罪がある中で最近、特に頻繁に起こっているのが
親を殺す事件だ。
しかし、僕自身は別に驚いていない、こうなる事が予測出来たからだ。
何故かといえば、地元の若松市で子供が親の首を切断した事件があったからだ。僕はこの事件が起こった時、最初に思った事は
「多分、こういう事件がこれからどんどん起きるな」
案の定、僕が知る限り二、三件、起きてしまった。

じゃあ、何でこういう事件ばかり起きるのか?
疑問に思って、色々推測を立てたりしていたが
ようやくその答えが見つかったような気がする。

つい最近なのだが、若松の事件、
あれは殺された親にも随分と悪い所があったらしい。
詳しくは彼等のプライベートに踏み込む事になるので書かないが......。

只、一つ、言える事はどんな子供も悩みを抱えているという事だ。
で、子供は悩んでいても、友達や教師に相談出来るならいいのだが、
そうじゃない子供は親に相談するしかない。

でも、肝心のその親が、相談しようと思っても、
成績とか進路とかをやかましく干渉して来る。
もう、そうなると余程、強い子供じゃないと

その心が深い闇に落ちて行って、自殺したくなってしまう。
でも、自殺したくとも出来ない子も中にはいる。
そういう子供こそが祖母を殺したり、毋親の首を切ったり、家を放火したり
破壊衝動が爆発してしまう。

じゃあ、どうすればいいのか?
親は子供の心の闇を見抜く努力を常にして欲しい。
何気ない仕草、何気ない言葉、何気ない行動.........。

そこにヒントは隠されている。
最初は本人ですらも分からない、でも、分かる筈である。
子供を産んだ親なのだから.........



●「炎桜」をお求めならアマゾンのページ

セブン・エンド・ワイで求める、セブンイレブンで受け取り送料手数料0円です

押すとボクの順位がわかります!




トップへ戻る




鈴木豪 | 徒然 | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM