09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

炎桜/えんおう

脳性麻痺のボッボぼくのタッタ体験的小説ブログです。
<< エピローグ5 | main | 僕の障害 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
玉突き事故
今日は日曜なので小説の方はお休みし変わりにボクエッセイをお届けします。

先日、会社に車で通勤した時の事である。朝、寝坊をして十五分程遅れて家を出た。
で、会社の前の橋の上に来た時である。
何故か、前の車の進行が鈍くなって来て、進行そのものが止まった時である。
凍結


警察が交通整理をしていた。

その時、やっと気付いた。事故があった事が。
前に行けば行く程、分かって来た。脇に四台の車が壊れているのが、見えたからだ。
結局、会社には遅刻はしなかったが、ギリギリであった。
 
しかし、思うのだが、仮にもし、いつもと同じ時間で行ったとしたら?
事故が起きた正確な時間は分からないが、
下手すると、僕も事故に巻き込まれていたのかも知れない。
そう思うと、背筋がゾッとする.............
でも、無事で良かった。1/12付録「僕の障害

雪の会津

冬のファンタジー・ロシア民謡メドレー



●「炎桜」をお求めならアマゾンのページ

セブン・エンド・ワイで求める、セブンイレブンで受け取り送料手数料0円です

押すとボクの励みになります!


トップへ戻る






JUGEMテーマ:日記・一般


鈴木豪 | 徒然 | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM