11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

炎桜/えんおう

脳性麻痺のボッボぼくのタッタ体験的小説ブログです。
<< 2エピローグ10 | main | 最近、変に思った事 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
3エピローグ11
前を読む

疲れた
「.....ナナナ何?」
「姉さんに伝えて欲しい事があるんだ」
「アアア梓さんに?何て?」
「ボボ僕はもうこの世から完全にいなくなる、
だから、ケケケ恵一君の事を、オオオ弟だと思って、ヨヨよろしく頼むって」
「ちょっと、マママ待てよ。いなくなるって」
もう疲れた



「もう 疲れたんだ」

「疲れた?」
「キキキ君は分からないかも知れないけど、
シシシ死んだ人間がこの世に留まるには、結構疲れるんだ」
「ソソそうなのか?」
「うん、それもかなりね。
それで死んでから声だけでキキキ君をいじめたり、

君を助けたりしたもんだからで声だけでも僕は疲れちゃってね。
ごめんね。イイ今まで迷惑かけて」---続く




●「炎桜」をお求めならアマゾンのページ

セブン・エンド・ワイで求める、セブンイレブンで受け取り送料手数料0円です

押すとボクの励みになります!


トップへ戻る
JUGEMテーマ:小説/詩


鈴木豪 | ノベル | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM