09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

炎桜/えんおう

脳性麻痺のボッボぼくのタッタ体験的小説ブログです。
<< にゃんにゃん劇場10 | main | にゃんにゃん劇場12 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
にゃんにゃん劇場11
前を読む
バストともかくテクニックはわからないけど、行動しながら学習スッペと春樹にゃんが提案し、三匹の彩ニャンプロジェクトチームはスタートした。でもなんだか子供の頃のお医者さんごっこだった。

これがアンドロイド?オ、オレ、勃起してきたぜ!と春樹がいった。
手術室彩の分解と技術チーフはジュンが担当した。ジュンの病院の手術室でおこなうからだ。ボクはこんな場面では役立たず---何も役はなかったけど一応、記録係になった、春樹は機転がきくのでプロジェクトのボスだ。

オーラル春樹---「オオ!オーラルセックスもOKか〜ジュンも友和もこの口にちんちん舐められたのか、でも情けネェな金でザーメン処理するなんて!」

ホール
ジュン---穴(ホール)はこんなテフロンの管か!考えてみれば僕らだって猫を基本とするキメラ
友和---ボクはキメラの失敗作!一応、生命体の権利は認められているけど
ジュン---彩は密造アンドロイドか!ばれれば解体処分だな
友和---可哀想に。
春樹---そんなセンチメンタルなこと言う前に、知恵を絞り出せ・・・・続く


JUGEMテーマ:小説/詩


●「炎桜」をお求めならアマゾンのページ

セブン・エンド・ワイで求める、セブンイレブンで受け取り送料手数料0円です

押すとボクの励みになります!


トップへ戻る




鈴木豪 | 戯曲 | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM