07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

炎桜/えんおう

脳性麻痺のボッボぼくのタッタ体験的小説ブログです。
<< にゃんにゃん劇場15 | main | にゃんにゃん劇場17 >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
にゃんにゃん劇場16
前を読む
アンドロイドの情け

「ミスターTOMOそんなに驚くことはねぇよ」
そういって強面の用心棒アンドロイドは、ボクのこぼした珈琲を拭き取ってくれた。「21世紀からアンドロイドやってれば、好きになったり愛したりする感情が学習されてくるってもんよ」
どうやらコイツはイイ奴にボクは思えた。
「ボスに指示された命令を伝えるぜ」
ボクはもしかしたら殺されるのかと思って
「なんっなんですか」と問い返した。
「本来ならAYAのCPUを取り外してAYAのアンドロイドとしての命を絶ちまた作り替えると考えたが」
「ゴック」とボクは珈琲を飲み込んだ。
「AYAには人間やキメラを愛したためにCPUを取り外されそのつど再生されニューAYAになったけどCPUにはパグみたいに前の前のアンドロイドの理屈で説明できない怨念が積み重なってるのさ」
「おっお怨念!」
「そこでTOMOと相談というか取引をしよう」
「取引?」・・・続く


●「炎桜」をお求めならアマゾンのページ

セブン・エンド・ワイで求める、セブンイレブンで受け取り送料手数料0円です

押すとボクの励みになります!


トップへ戻る


JUGEMテーマ:小説/詩


鈴木豪 | 戯曲 | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM