05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

炎桜/えんおう

脳性麻痺のボッボぼくのタッタ体験的小説ブログです。
<< 携帯電話からのアクセスの仕方 | main | 無知  >>
ENTRY TOP
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
にゃんにゃん劇場28
前を読む
心の充実
ボクは彩との丁寧な作業で今まで気がつかなかったことだが、ボサボサ教授のひらめき力をUpするという根本理念には間違いがなかった。これは人間、キメラは関係なくこのひらめき力が創造の原点なのだ!
 ボクたちは、たくさんの教科を頭に詰め込まれてるけど。
このヒラメキ力という目標が明らかでないと、たんなる詰め込み教育でしかない、
そしてボクの戯曲、否、セリフのアンサンブルがなく芸術性が低いボクの作品をとてもとても
恐れ多くって、戯曲なぞと呼べない、ニャン左ェ門の古典芸能様式と近代的な自我の融合の戯作、という呼び方にすらなれない。
 
 最も大きなミスは、障害というテーマを理解してもらおうと、
差別されたとか、要するに負け犬の遠吠えで、表現するという大きな過ちであった。

 それから、体に障害がなくなって気がついたのだけど、
体の不自由=心の不自由、否、発想の不自由なのだ!
豊かなイメージには、根気のいる、資料調べがないと駄目なのだ!
現在その部分を彩がコツコツやってくれてる。ボクはその資料を検証しつなぎ
新たな発想とつなげて行く・・・ボクはイメージ力がないと思っていたけど
つまり、その地道な資料の調査をやってなかったのだ!

 フランスの「FLLE」の元編集長が脳卒中でロックトイン症候群になって
20万回の目の瞬きで入力して「潜水服は蝶の夢を見る」という小説を書いたけど
体は不自由だけど、元編集者としての幅広い教養があり
心は自由なのだ!

 医療技術で障害をなおしたとしても、メンタルリハビリということをしないと
健常な体と心にはとてもとてもならないのだ!

 それから気づいたんだけど、人間的身体機能になっても人間にはなれないと
言うことだ・・・続く


●「炎桜」をお求めならアマゾンのページ

セブン・エンド・ワイで求める、セブンイレブンで受け取り送料手数料0円です

押すとボクの励みになります!


トップへ戻る


JUGEMテーマ:小説/詩


鈴木豪 | 戯曲 | comments(0) | -
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | -
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM